6月17日の日記

今日の出来事:1565年−永禄の変、松永久秀三好三人衆室町幕府13代将軍足利義輝を襲撃し殺害、1585年−田舎舘城の戦い、1868年−北越戊辰戦争:小出島の戦い、1868年−北越戊辰戦争鯨波の戦い、1869年−箱館戊辰戦争:大川の戦い、1940年−第二次世界大戦エアリアル作戦、1945年−第二次世界大戦:鹿児島大空襲、1972年−ウォーターゲート事件、1981年−深川通り魔殺人事件(東京都江東区覚醒剤を常用した男が主婦や幼児ら4人を殺害)

今日は、永禄の変です。室町幕府第12代将軍・足利義晴管領・細川晴元が対立し、足利義晴はそのたびに敗れて近江坂本に逃れました。足利義輝はわずか11歳にして、父から将軍職を譲られ第13代将軍となりました。その後、足利義晴は細川晴元と和睦して京に戻りました。ところが、細川晴元の家臣・三好長慶が晴元を裏切って細川氏綱に属し、畿内に一大勢力を築き上げました。このため、細川晴元とともに京都を再び追われて近江坂本に逃亡し、常在寺に留まりました。そして、足利義晴が常在寺にて死去すると、細川氏綱を管領にするという条件で三好長慶と和睦し、京に戻りました。将軍とは有名無実で、三好長慶とその家臣・松永久秀の傀儡でした。六角義賢(承禎)の支援で細川晴元とともに坂本に移り、如意ヶ岳に布陣して三好長逸らの軍と交戦しました。足利方が優勢でしたが、三好長慶の弟・三好義賢の反攻を受けました。六角義賢の仲介で和議が成立すると京へ入洛し、幕府政治を再開しました。その後も三好長慶の権勢は続きましたが、それに反発する畠山高政六角義賢畿内で蜂起しました。「久米田の戦い」で三好義賢が戦死すると、三好氏は衰退しました。三好\xC4

昂弔伴蠅魴襪嗚訐唎鰓眞任靴討い神嚬蠎校㯃Π棒Ř膵Гⅶ姐ツ昂弔犯震椶垢襪函⊄㌫瑭禅韻六姐ツ昂弔鮖抻鈇靴討海譴鮃硬海掘⊃靴靴囊歡点果腓鮴嚬蠎校槪箸靴泙靴拭◀海譴坊稘椶靴唇棒Ř膵Г枠人陲魑唎海靴泙靴燭❶∋姐ツ昂弔砲茲蠧い燭譴泙靴拭◀海譴砲茲辰董⊂Ⅲ海硫霪類垢薺槪気覆い曚匹留洞僧呂鯤飮鈇径海韻討④唇棒Ĺ瓩砲茲訐嚬蟷拉曚藁鮖砲頬襪鯤弔検⊂Ⅲ海砲茲訐嚬蠑鍵丨悗瞭擦⓳ǂ韻泙靴拭◀気蕕忙姐ツ昂弔ⓘ損爐掘∪圳┐ⅹ談任靴紳㌫瑭禅韻呂海譴鮃サ,箸靴董∨詆楔⇔呂良譙茲妨類韻討気蕕覆訐嚩3萋阿鮃圓覆ĽΔ箸靴泙靴拭◀靴ǂ掘∋姐ツ昂弔了犖紊頬訐唎魑躰Ľ蹐Δ般槝世鵑任い疹庄糞彌┐隼姐セ或予亜併姐ツ弘錙♢姐ダ噲咩Υ篝儞⏀漫砲蓮⊄茖隠安緇Ⅲ魁β㌫瑭巣討陵椹辧β㌫瑭前櫃帆箸漾⊄㌫瑭禅韻鯒喀詎靴撞前櫃涼簔法β㌫瑭善匹鮨珪Ⅲ海慮曛笋箸靴突蔑¤靴泙靴拭B㌫瑭禅韻ⓜ蠅澆箸垢誅山兒瓩蓮峇儔算藋蘄亜廚如〻畊捷颪鯲イ譴蕕譴覆唎覆辰討い泙靴拭﹅庄糞彌┐隼姐セ或予阿麓膩咩♢姐サ膳僉閉昂弔陵椹婿辧砲箸箸發紡㌫瑭善匹鯤瑤犬橡堵世魑唎海掘∉鷯鮓羹蠅坊垣Ľ鯲┐い峠鰻發靴泙靴拭8羹蠅量臠發硫鬠いⅵ僂狒阿吠餔呂垢襪戮咩∪郷綮薭卸悗鯡礁椶北鵤泳詎侶垣\xAA

を結集して御所に押し寄せ、将軍に訴訟(要求)ありと偽って取次ぎを求めました。奉公衆の進士晴舎が訴状の取次ぎに往復する間、三好・松永の鉄砲衆は四方の門から侵入して攻撃を開始しました。将軍方の応戦は激しく、一色淡路守以下十数名が三好方数十人を討ち取りました。その間に殿中では、進士晴舎が敵の侵入を許したことを詫びて御前で切腹し、足利義輝は近臣たち一人一人と最後の盃を交わし終えると、主従三十名ほどで討って出ました。治部藤通の弟・福阿弥は、鎌鑓で数十人を討ち取り、剣豪・塚原卜伝上泉信綱に兵法を学んだ剣豪将軍・足利義輝自身も、足利家に伝わる数多くの銘刀を床に突き立て、取り替えながら敵兵を次々に斬り倒し、三好方を大いに恐怖させました。しかし、足利義輝主従全員が討死しました。足利義輝の最期は、寄せ手の兵たちが四方から畳を盾として同時に突きかかり、殺害されました。享年30でした。この時、摂津晴門の嫡子・摂津糸千代丸も一緒に討ち死にしました。生母の慶寿院も殉死しました。足利義輝の正室(近衛稙家の娘)は近衛家へ送り届けられましたが、義輝の寵愛を受け懐妊していた側妾の小侍従(進士晴舎の娘)は殺害されまし\xA4

拭﹅庄糞彌┐蕕狼禅韻猟錣納嘎餘 ̄ー隋♦\xFE?を殺害、義輝のもう1人の弟で大和興福寺一乗院の門跡・覚慶を幽閉しました。しかし、2ヵ月後に覚慶は義輝の近臣だった一色藤長・細川藤孝らの手により脱出し、足利義秋(後の15代将軍・義昭)と名乗って還俗します。近江矢島を経て越前守護・朝倉義景を頼りました。一方、三好三人衆は義輝兄弟の従弟で、かつての堺公方の血統にあたる足利義親を淡路で擁立し、摂津富田に入りました。足利義親は第14代将軍・足利義栄となります。

次に、田舎舘城の戦いです。浅瀬石城の千徳氏本家は、大浦氏に味方して主家・南部氏に反抗しました。一方、田舎館城の千徳氏は南部氏に忠誠を誓ったため、大浦氏と千徳本家と対立しました。南部信直は、名久井城主・東政勝を大将として討伐軍を送り、浅瀬石城の千徳政氏を攻撃しをましたが「宇杭野の戦い」で敗退しました。これにより、田舎館城は孤立無援となりました。津軽統一を進める大浦為信(後の津軽為信)は、田舎館城主・千徳政武の友人の清藤長兵衛を使者に降伏を勧告しました。しかし、千徳政武は降伏を拒否したため、大浦為信は3000の大軍を率いて自ら出陣し、諏訪堂館に着陣しました。千徳政武は籠城しましたが、6月17日に落城しました。城主・千徳政武は自害、以下312名の城兵は討死しました。こうして、千徳氏は滅亡しました。千徳政武の妻・於市は、1601年4月12日、津軽為信が清水森で津軽統一の戦死者の大法要を行った際に、侍女と共に自害します。その際に於市は「なき魂よ哀れと思へ添いせし三年の夢の覚めもやらぬに」「その年のその日にやがて伴いて行く心を知るや知らずや」、侍女は「伴いて我も行きなん待てしばし死出の山路の\xC6

擦靴襪戮擦鵝廚髪咾鵑任い泙后0貶釥∪蘰阻棆箸錬隠毅坑暁唎棒蘰狙坼陲ⓘ塹造箸覆蝓⊊天攬擔丨貌い燭譴泙靴拭◀修了辧♣噲唎老莎唎靴泙靴燭❶⊊天攬擔丨烹横毅娃阿諒爾農晷ダ仂襪鮃兇瓩蕕譴泙靴拭﹆顛叩μ畋識杆綣蕕蕋隠型佑ⅺ科屬辰橡楷櫃魑渊韻掘〼麒森紡Г箴佬涕郷倘瑤畔造咫崑膠沙囲掘廚琉貎佑卜鵑擦蕕譴訖慌ⅺ侮気覆匹猟天攘海旅況發鮗擷韻泙靴拭◁横娃娃阿両詈爾亙垣錣靴泙靴燭ⓜ郛襦∪蘰狙噲唎麓ɐ欧靴得蘰漸箸鰐破瓦靴泙靴拭\xA3

その次に、北越戊辰戦争:小出島の戦いです。新政府軍は軍を二手に分けました。小出島、小千谷へ向かう軍監・岩村精一郎(高俊)率いる「山道軍」と柏崎へ向かう山県有朋黒田清隆山田顕義らが率いる「海道軍」です。「三国峠の戦い」の後、小出島陣屋に戻った郡奉行・町野主水(会津藩士)のもとに、小千谷から援軍に来た井深宅右衛門、山内大学らの会津藩諸隊が合流しました。小出島に北上してきた新政府軍の岩村精一郎が率いる「山道軍」(薩摩、長州、尾張松代藩等)との間で戦闘となりました。しかし、数で劣る会津軍は壊走しました。この後、「北越戦争」の舞台は長岡へ移る事になります。

その次の次に、北越戊辰戦争鯨波の戦いです。柏崎は、桑名藩の飛地領でした。桑名藩主・松平定敬会津藩主・松平容保の弟で、江戸開城前に柏崎へ移りました。そこへ桑名藩主戦派の藩士達が集まってきました。その後、水戸藩・市川三左衛門が率いる「諸生党」が合流しました。柏崎に向かった新政府軍は、山県有朋黒田清隆山田顕義らが率いる「海道軍」(薩摩・長州・加賀・高田・富山・長府藩)でした。海道を進む約2500人の新政府軍先鋒は、高田藩家老・老竹十左衛門でした。対する桑名藩は、250人を鯨波の守備として北陸本道の備えとし、他に会津藩士・松田昌次郎の率いる「衝鋒隊」200人が黒岩口、会津藩士・木村大作の率いる「浮撃隊」100人(会津、幕府、水戸兵)が谷根口を守備していました。1868年6月17日早朝4時頃に、鯨波の入口で戦闘が開始されました。新政府軍の攻撃を受けた松浦秀八の「致人隊」が劣勢となり、退却すると「雷神隊」、「浮撃隊」と共に小河内山や嫁入坂を拠点に抵抗を続けました。新政府軍の洋式大砲2門の威力は、猛烈でした。桑名藩側の和式大砲は旧式であったため、発射ごとに集めた村人に歓声を上げさせて威\xB3

鼎謀悗瓩泙靴拭Kげ个砲茲蠏瀁箸量渦箸榔蠑紊掘⌆澍ǂ盞磴靴唎覆蠅泙靴拭◉⏇燹⊊構◀肪戮譴鮗茲辰森眦鎚次~嘆貶爾老瀁箸良佑茲衢檥蝓糞慣蝓砲料阿泙膿塀个靴泙靴燭❶ゟ盻蠅某惻茲辰新ⓛ照擁爾僚瞳發剖譴靴瓩蕕譴泙靴拭﹅佪脇盪海任蓮⇔Áɯ媚囲困痢嵳訖逝癲廚般畋実膾遒痢嵒盞眤癲廚ⓒ呂陵琛鯑世道⏇燹⊊構◀瞭庸砲魑槪靴泙擦鵑任靴拭◁鞠椶諒捨呂鯀蠎蠅傍賈詆楫海聾潦僂棒錣い泙靴拭M執錣箸覆辰撞賈詆楫海枠嵜斉欧紡爐①⊃契坼楫海亙爾糧莽ǂⓑ腓④ǂ辰燭燭畄瀁箸泙埜綢爐靴泙靴拭◀海慮紂◆嵋民枩鐐茵廚良饌罎歪慌❹悵椶觧槪砲覆蠅泙后\xA3

そのまた次に、箱館戊辰戦争:大川の戦いです。榎本武揚は、新政府軍を襲撃するため、自ら「彰義隊」、「見国隊」、「陸軍隊」、「一聯隊」、「神木隊」、「衝鋒隊」、「砲撃隊」ら500名を率いて五稜郭を出ました。榎本武揚は、「衝鋒隊」を伏兵として山上に配置し、残りの兵を3つに分けて大川村の新政府軍を攻撃しました。旧幕府軍は奮闘しましたが、「見国隊」頭取の片山源五左衛門が討死するなどし、敗走しました。新政府軍の追撃をかわして、五稜郭へ帰還しました。

そのまた次の次に、第二次世界大戦エアリアル作戦です。エアリアル作戦は、「第二次世界大戦」中にナチス・ドイツのフランス侵攻に対する戦いで戦線が崩壊し、連合国軍がフランス西部の諸港湾から撤退した作戦です。この作戦は、連合国軍のダンケルクからの撤退「ダイナモ作戦」、ル・アーブルからの撤退「サイクル作戦」に続くものでした。シェルブールからの第52歩兵師団の撤退は、ポーツマス管区司令長官ウィリアム=ミルボーン・ジェームス海軍大将の指揮により行なわれました。シェルブールからポーツマスへは30360名が撤退しました。サン・マロからは大部分がカナダ第1歩兵師団の21474名で6月17、18日に脱出しました。他のフランス西部の港湾からの撤退作戦は、デヴォンポート海軍基地に設けられたウェスタンアプローチ管区司令長官マーチン・ダンバー=ナスミスの指揮によって行なわれました。ブレストからの撤退は兵員輸送船「アランドラ・スター」、「オトラント」、「ストラスエアード」を含む大船団により行なわれました。多くのイギリス空軍地上勤務員を含む28145名のイギリス兵と4439名の連合国兵は、6月16、17日にドイ\xA5

超曻海梁腓④碧験欧鮗擷韻此▲屮譽好箸鮟亶舛靴謄廛螢泪垢望緡Δ靴泙靴拭\xA3 サン=ナゼールで待機していたのは、多くのイギリス陸軍後方支援及び兵站部隊とイギリス空軍兵、ベルギー、チェコポーランド兵とイギリス民間人でした。大型の兵員輸送船「ジョージック」、「ダッチェス・オブ・ヨーク」、「フランコニア」、「ランカストリア」、「オロンセイ」を含む船団が派遣されました。フランコニアは途中で爆撃により損傷を受け、プリマスに引き返しました。サン=ナゼールのロワール川河口は操船の困難な狭い水道となっているため、多くの大型船はその沖のキブロン湾に投錨しました。6月17日の間、サン=ナゼール港から駆逐艦と沿岸用小型船舶により大型兵員輸送船へ運ばれました。兵員輸送船はできるだけ多くの人員を乗船させるようにとの命令を受けていたため、すぐに非常に混雑した状態となりました。午後2時にドイツ軍爆撃機による空襲があり、「オロンセイ」のブリッジに爆弾が1発命中しました。午後3時45分には第2波の空襲があり、「ランカストリア」は3発の命中弾を受けました。船倉に詰め込まれた将兵を貫通し、燃料タンクを破裂させました。2\xA3

以❹里Δ舛冒イ老垢㌘惜廚靴泙靴拭﹅菫ゼ圓里Δ腺横苅苅渓召ⅰ濬个気譴泙靴燭❶∋猖桓埒瑤鰐鵤苅娃娃位召箸覆蝓▲ぅ丯螢抗せ欄望紊任眤燭唎竜樟啓圓鮟个靴泙靴拭◁況遑隠呼詎猟ǂ烹恩弔両侗疹αイ料ッ弔忘埜紊離ぅ丯螢昂馨㌍爾ⅹ茲蠢箸漾▲廛螢泪垢妨類韻峠亶舛靴泙靴拭⦿埜紊陵∩炫ぬ海錬況遑隠稿詎法ゟ舛謀魲紊靴殖横娃娃位召離檗璽薀鵐彪馨㌍爾療餌爐任靴拭↗汽鵝瓮淵次璽襪茲蠧遒砲△襯蕁Ε僖螢后淵蕁Ε蹈轡Д襪両Χ塙繊砲任蓮▲ぅ丯螢抗し海旅盖蘊Ⅴ擦蝋舛紡垉,靴討い襯ぅ丯螢昂海肇檗璽薀鵐彪馨㌍爾魃燭峪槪❹任④訌デ擷鮓ǂ弔韻蕕譴困砲い泙靴拭◀海里燭瓠⌅爐浪神匹ǂ離侫薀鵐江αイ鯆⏄唎掘■況遑隠呼詎暴亶舛垢觧槪❹任④泙靴拭\xA3 その後、イギリス船の2個船団が到着し、遅れて港に着いたポーランド軍将兵を収容しました。ラ・パリスからは、全部で10000名のイギリス軍と4000名以上のポーランド軍将兵が救出されました。また、フランス海軍では未完成の戦艦「リシュリュー」、「ジャン・バール」を含む艦艇が脱出しました。ボルドーからの撤退は、6月17日にイギリス海軍巡洋艦及び駆逐艦と港に停泊中だった連合国商船によって開始されました\xA1

↗ぅ丯螢抗宛鮨Π漚肇檗璽薀鵐病臈閎離凜錺妊↗好錺奸Ε薀船絅⑤Д凜↗舛繁缶神坼榮盂佞砲弔い討蓮⊄召僕ダ茲垢觧槪箸覆蠅泙靴拭◀海海ǂ蘚餌爐靴辛徧發梁燭唎蓮▲檗璽薀鵐謬擇咼船Д海良徧發任靴拭E餌犧鄒錣魯椒襯鼻爾龍瓩唎離襦Ε凜Д襯疋鵝瓮轡絅襦瓮瓠璽襦▲丱ぅ茱鵐鵡舛任癸伽匹離檗璽薀鵐品式焫∩灞ァ屮丱肇襦廖◆屮愁咼┘張①次廚函屮┘肇螢奪咩廖◆屮▲薀鵐疋蕁Ε好拭次廚砲茲辰涜海韻蕕譴泙靴拭◀泙拭△海譴蕕陵∩灞イ魯汽鵝瓮献礇鵝瓮鼻瓮螢絅困飽榮阿掘△修海任療餌犢堝阿鬘況遑横菊賓畍紕音類亡偉擦靴泙靴燭❶△海譴蓮崙畔¾拈鏘㉔蝓廚砲茲蠕瀋蠅気譴疹魴錣隆賓堕掌紊任靴拭⦿鄒錣虜能Ű訢▲献蹈鵐廟邁聾鈇妊ɓ淵棲し涯鄰犂蓮屮侫譟璽供次廚蓮▲ぅ丯螢抗し核俵晡簍隆蓮屮ɓ襯ɓ奪拭廚望彳佑気譴督惜廖⊂莪漐苅橘召ⅶ猖瓦垢襪箸い♢櫤里ⓗ囊犬靴泙靴拭◀海痢屮┘▲螢▲觝鄒錙廚砲茲蝓⊄燭唎凌諭垢❺侫薀鵐垢ǂ薀哀譟璽肇屮螢謄鹽腓愿餌爐垢觧槪❹任④泙靴拭↗ぅ丯螢洪諭В隠苅苅隠沓運諭▲侫薀鵐洪諭В隠牽横苅郷諭▲檗璽薀鵐豹諭В横苅械毅何諭▲船Д蛙諭В苅坑械舷諭▲戰襯\xAEー人:163人、連合国陸軍兵、航空兵及び民間人の合計191870名でした。多く

の物資が失われる事となりましたが、火砲310門、車両2292輌、1800トンの貯蔵物品と数輌の戦車を運び出す事ができました。

最後に、第二次世界大戦:鹿児島大空襲です。鹿児島大空襲は、1945年6月17日午後11時5分頃、117機の「B−29」大編隊が1時間以上にわたって、焼夷弾810トンの投下を繰り返しました。鹿児島市に投下された焼夷弾は13万個と推定され、鹿児島市内は火の海となりました。この空襲で、死者2316人、負傷者5000人以上、家屋被災約11600戸の被害が出ました。

今日の誕生日:保科正之川路利良原節子、今くるよ(今いくよ・くるよ)、ショー・コスギ中原理恵山寺宏一西尾拓美(元CHA−CHA)、大野幹代(元CoCo)、城彰二ILMARI(RIP SLYME)、麻生久美子内柴正人二宮和也(嵐)、風間俊介(ジャニーズJr.)、二宮和也(嵐)、五関晃一(A.B.C−Z)、辻希美元モーニング娘。)、菊池雄星、波瑠、なあ坊豆腐@那奈、森川葵武部柚那(E−girls)、鈴木福、ランチ

今日の記念日:砂漠化および干ばつと闘う国際デー

今日の「今日訓」:本日は、1994年に「国連砂漠化防止条約」が採択された事を記念して「砂漠化および干ばつと闘う国際デー」となりました。

広告を非表示にする